数珠修理・古くなった数珠の供養・オーダーメイド作成・古材加工など
  • ブレスレット画像数珠品揃え
    日本最大級
  • 最短即日発送最短即日発送
  • 数珠コンシェルジュ数珠コンシェルジュ常駐
    万全のサポート体制
当店について ご利用ガイド

数珠についての豆知識

数珠の起源や歴史、お手入れなど数珠についての様々な豆知識をご紹介しております。気になる項目がありましたら、ぜひご覧ください。

数珠についての豆知識

数珠集合写真

数珠は古来より仏教とセットの道具とされてきました。
元々は木の実などを紐でつなぎ合わせた物を算盤代わりに使っていたのが数珠の初めだと言われています(記数数珠)。それがやがて宗教用の礼拝具として使われるようになりました。

日本に数珠が伝わり、一般仏教信者に普及し始めたのは鎌倉時代ではないかと言われています。宗教上の礼拝具としての新用途が生まれたのもだいたいこのあたりというのが一般的です。それ以降、様々な宗派に渡り多種多様な数珠が生まれましたが、どの宗派においても同じく、数珠は拝むための道具として長く愛用されてきたのです。

ところが15年ほど前からは、数珠はファッションの一環としても注目されるようになり始めました。今までの礼拝用の道具からお守り代わりに身につけるものへと徐々に変化しだしたのです。初期にはほんの10色程度しかなかった房の色も、今では70~80色を数えるほどになりました。好みや年齢に合わせて数珠を選べるようになったことが、人々の心境に変化を与えたのでしょう、数珠は今日では様々な地域や世代にわたり、災厄から身を守ってくれるお守りとして多くの人に幅広く親しまれるようになったのです。

数珠の珠はなぜ108個

宗教・宗派によって多少の違いはあるものの、多くの場合、正式な場で用いる数珠(本式数珠)の珠の数は「108個」と決められています。「108」と聞いてまず想像するのは、除夜の鐘や煩悩の数、といったところでしょうか。実はそれらは、数珠の珠数が「108個」である理由とも関連があります。

108個の珠で構成される数珠には、「親玉」が1つのものと、親玉以外にもう1つ「主玉」と呼ばれる大きな珠によって半分の54個ずつに分けられているものがあります。
この54という数字は、我々人間の魂が磨かれ、浄化されるまでの修行段階(位)を表しています。魂を磨く―つまり、煩悩を浄化させるためには、この54の段階を越える必要があると考えられています。平凡な人間が54の段階を越えて仏になったあと、次は後に続く後輩たちを導き、手を引くために、残りの54の段階を戻り、還っていくのです。

つまり、煩悩を打ち消すために除夜の鐘を打ち鳴らすのと同様に、煩悩を浄化するため数珠の数も基本的に「108個」に固定されているのです。数珠における珠は、「人間の魂の象徴」とも考えられます。
珠を磨くことで、我々自身の魂を磨き上げる。数珠にはそのような願いが込められているのです。

念珠(数珠)の起源と歴史

数珠の起源


数珠の起源については、諸説あります。『仏説モクケンシ経』では、灘陀国の波瑠璃王が乱れ果てた国を立て直すためにお釈迦様に救いを求めたことから始まったとされています。どうすれば国をまとめ、立て直せるのかと問いかけた波琉璃王に、お釈迦さまは「国を治めたいのなら、モクケンシの実を108個つなぎ、仏の名を唱えよ」という教えを授けました。
その教えに従い、王は108個のモクケンシの実を糸でつなげて数珠を作りました。これを常に身に着け、念仏を唱えるようになったことで国は治まり、人々も豊かで幸せな生活ができるようになったと言われています。
モクケンシの実は、現代では「無患子(ムクロジ)」とも呼ばれ、羽子板の羽根の先につける珠にも用いられています。

ところが一方では、お釈迦様の時代以前より数珠は使用されていた、と考える説もあります。古代インドのバラモン教の聖典に登場してくる「毘沙門天」、「弁財天」、「梵天」は連珠を持ち物としており、それが数珠の原型であると考えるものです。これがお釈迦様の手に渡り、中国に伝わったことでのちに日本にも伝来することになったと言われています。

数珠は、仏教と同じタイミングで日本に伝来しました。東大寺の正倉院には、聖徳太子がかつて愛用していたとされる蜻蛉玉(とんぼめ)金剛子の数珠、 聖徳太子の遺品であるとされる水晶と琥珀の数珠二連が現存しており、日本でも古くから数珠が用いられていたことが明らかになっています。この金剛子の数珠は、平安時代中期に成立した『源氏物語』の「若紫巻」にも登場するなど、文学的にも注目されていたと考えられます。
片手念珠写真


数珠は高価なものだった


天平勝宝8年(756年)に書かれた聖武天皇の「東大寺献物帳」によると、数珠はかつて「国家の珍宝」として認められるほどに価値の高いものであったと言います。
特に金、銀、水晶、琥珀、真珠などといった高価な素材で作られた数珠には大変な価値があり、船載品として献納されていました。そのため、当時の数珠は誰しもが持てる日用品ではなく、一部の僧侶や貴族にしか使われない珍しい品物でした。

一般庶民と数珠

数珠が現在のように「仏具」として一般庶民に浸透したのは、仏教が広まった平安後期から鎌倉時代以降のことです。
あくまでも国家や貴族のためのものという認識が強かったこれまでの仏教とは異なり、鎌倉時代以降の仏教では一般民衆を救うためのものという目的が強くなりました。
宗派が増えるにしたがって数珠の活躍の場は増えていき、人々が数珠を使いやすいように改良されていったのです。さらに一般庶民の間で数珠の売買が行われるようになったのは、それから時を経た江戸時代のことでした。
仏教が国教として認められ、すべての人々が寺に檀家として所属することになると、数珠の需要が著しく増加しました。

結婚式の寿珠(数珠)

結婚式の数珠

嫁ぐ娘に「忘れず持たす数珠ひとつ」。両親の、幸せあれと祈る、娘への贈り物です。

お寺での結婚式のときには、「心身ともに健やかで、清らかな家庭を営むように」と、司婚者(住職)から、紅白のリボンがついた結婚数珠が授与されます。縁あって結ばれた二人の幸せを願う「寿珠」なのです。

数珠の珠は、魂(たま)でもあります。珠の一つ一つの結びつきは、魂と魂の結びつき、つまり結婚式なのです。お互いに魂を磨き合い、高めあい、愛を育みながら仲良く人生を歩むのが、結婚です。その数珠を貫く糸は、やはり「赤い糸」でしょうか。愛は緑の源です。愛する心を養うことは、修行の極意です。

腕輪念珠とは

腕輪写真

お釈迦さまの晩年、遠く各地に布教に出掛ける高弟子たちに、愛用していた菩提子(菩提樹の実)の数珠を形見として分け与えたのは、珠の数の少ない略式の数珠の始まりだそうです。

ところが携帯に便利な略式(片手)数珠でも、日々の生活のなかで、いつも手に持っているわけにはいきません。そこで考え出されたのが腕輪念珠です。

身につけていると、いつも仏さまの眼を意識します。私たちが仏さまのことを忘れることがあっても、仏さまが私たちのことを忘れることはありません。その心の姿勢が、日々の修行になります。

今では腕輪数珠が大流行しています。若者たちが、魔よけのアクセサリーとして、あるいは恋愛成就のお守りとして、手首にするのがブームになったのです。ファッション数珠です。
当店の腕輪、ブレスレットコーナーはこちらからどうぞ。

高級数珠であることのこだわり

女性用数珠集合写真

そんな長い歴史を持つ数珠ですが、香源お数珠総本家でご紹介する数珠はこの歴史の重みに負けない、上質な品ばかりです。京都330余年の歴史をもつ老舗の職人が、丹誠込めて仕立て上げた 選りすぐりの逸品をご紹介しております。

玉の細部のカットにまでこだわりを持ち、確かな目が選んだ上質な素材を職人が一つ一つ手作業で作り上げました。すべての数珠が手作りだから、世界に一つだけの数珠といっても過言ではないでしょう。なので、どれも自信を持っておすすめできる数珠ばかりです。

一生のお守りとして安心して使っていただきたいからこそのこだわりなのです。

数珠の扱い、お手入れについて

数珠は「揉まない」、「折らない」、「ねじらない」の3つの約束を守って 大事に使っていただければ、自然に切れることはまずありません。 しかし、長い時間が経てばどうしても紐が弱くなってきてしまいます。そうなってしまったら、完全に切れてしまう前に紐をお取り替えすることをお薦めいたします。 香源お数珠総本家では、当店及び香源各サイトでお買いあげ頂いた数珠、 ブレスレットに限りお直しも承っております。 詳しくは【コチラ】をご覧下さい。

また、数珠にあしらわれている天然石の種類によっては、その性質上、毎回のお手入れが必要になってきます。 珊瑚、真珠等の素材は手の油や汗に弱いため、お使いになられた後は柔らかい布で優しく拭いて頂くと、長く使っていただけます。トルコ石等は長時間水に触れると表面の光沢が褪せてきてしまう場合がございます。原実の中には虫に食われやすいものもあるので、防虫剤等と一緒に保管してください。

この他の素材について、お取り扱いにご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

数珠の玉のサイズについて

当店では数珠の玉のサイズを7mm玉、1.2cm等と表記しておりますが、本来は尺一、尺二等と表記する事が多いです。これは数珠が正式な形である108玉分を並べ、一連とした時の長さにあたります。その為、同じ7mm玉と表記された商品であっても、若干サイズが異なることがございます。予めご了承下さいませ。

当店で扱っている数珠は、それらの玉を、職人が一つ一つ確認して手作業で数珠に仕上げております。

腕輪のサイズ早見表
主玉の大きさ 腕輪のサイズ
玉の種類 6ミリ
7ミリ
8ミリ以上
女性向け
男女両用
男性向け
内径15〜6センチ
内径16〜7センチ
内径17〜8センチ

数珠の形について

数珠は仏教とともに大陸から伝わりましたが、その進化の原点となるのが、平安時代初期の最澄(伝教大使)による天台宗の開宗と、空海(弘法大師)による真言宗の開宗です。
ここで数珠は天台型と真言型の二つに分化しました。そのあと、鎌倉時代に天台宗から浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗が生まれ、それぞれの形へ変わりました。法要などで使われる装束念珠は「天台型」「真言型」の二つの流れは変わっていません。

数珠の材料の説明

古くは「数珠玉」と呼ばれる木の実やムクロジ(羽つきの先玉)などが使われてきましたが、形式が定まるにつれて上質で趣のある様々な材料が使われるようになりました。

木の実・・・星月菩提樹、金剛菩提樹、鳳眼菩提樹などの菩提樹など
木製・・・梅、桜、黒檀、紫檀、鉄刀木(たがやさん)など
香木・・・白檀、沈香、伽羅
石・・・水晶、瑪瑙、翡翠、虎目石、ラピスラズリ、トルコ石など
その他・・・珊瑚、海松、琥珀、象牙、真珠など

価格の差は、材料の違いによりますが、加工の差でもあります。部位・研磨・穴の大きさ、あけ方、面取りなど一つでも欠けると中の糸やゴムが切れやすくなります。

彫刻が施された珠

数珠の中には、珠に精巧な彫刻が施されたものも存在します。 石の珠に彫刻を施したものや、木の珠に施したものもあります。
中でも、特に柘植や桃の種、蓮の実などは彫刻がしやすい素材であるとされています。彫刻の方法にもバリエーションがあるため、数珠の素材や色だけでなく、装飾のデザインによってお気に入りを見つけることも可能です。
男性用の数珠が玉が大きいので、彫刻しやすくなっております。
男性用の彫刻の専門ページはこちらからどうぞ。


羅漢彫り

数珠に施された彫刻の中でも、定番で人気のあるデザインです。「羅漢」は、正式には阿羅漢(あらかん)と言います。お釈迦様の弟子であり、仏教の修行者の中で最も高い位の人を指します。
仏教の世界では、尊敬や施しを受けるにふさわしい聖者という意味を持ち、尊い絵柄として珍重されています。こちらは、桃の種など木の実に施されるケースが多い彫刻方法です。


髑髏彫り(骸骨彫り)

その名の通り、髑髏の形に彫刻を施した数珠です。髑髏は古来より、魔除け・厄除けの象徴とされてきました。祖先の頭蓋を神仏として拝む習慣があり、その名残ではないかとも考えられています。それほど、人間の首には特別強い霊力がこもっていたのです。
数珠としてこれを身に着けることで、あらゆる災厄から身を守る力を賜ることが出来ると言われています。 最も多い素材は象牙や動物の骨、水晶や虎眼石などの石類ですが、柘植など木に彫刻が施されることもあります

各宗派の説明

天台宗(最澄)
平玉の108の形は元々得度をされた方が持つ正式でしたが現在は一般の方々もお持ちになられています。女性用の数珠は8寸・丸玉の108玉を使われます。

真言宗(空海)
両サイドに親玉を配し、表に浄明玉が付きます。房の形状は棒房になります。

浄土宗(法然)
正式の数珠を日課数珠といいます。法然上人の弟子の「阿波之介」という人物が考案したと伝えられています。南無阿弥陀仏と念仏を唱えた数を数える道具として考案されました。(男性用・・・三万繰り 女性用・・・六万繰り)
日課数珠・・・南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と何万回も念仏を唱え、西方浄土に極楽往生する、という教義を表しているといえます。

臨済宗(栄西) 曹洞宗(道元)
禅宗とひとくくりに言います。数珠の原型に近い非常にシンプルな形をしています。親玉1個、四天玉、向玉を除いた108玉で繋いでいます。一般に多い略式の片手念珠の原型といえます。男性用は主に紐房、女性用は主に頭房を付けます。
曹洞宗は金属の輪が入ります。この意味は本山の偉い方に聞きましても分からないそうです。臨済宗の装束念珠(出頭用)は切房を使用します。基本の色は朱赤・白ですが、オレンジ・紫紺など非常に多彩な色もあります。

浄土真宗(蓮如)
基本は天台型になりますが、房玉の無い軸の形状が蓮如結びになっているのが特徴です。装束念珠もこのような結びになります。

日蓮宗(日蓮)
天台型を基本に大きく手を加えられています。この宗派の特徴として御題目等を唱えるときには数珠を擦り合わせて音を立てます。
各宗派には派がいくつか分かれていますが、日蓮宗だけはそれぞれの派によって数珠の形が違ってきます。(他宗派は同じ)しかし基本は上記のような形を使います。(日蓮正宗は房色は白です。)

宗派の数珠の専門ページはこちらからどうぞ。

その他の形

略式念珠
一般的に使われている形です。各宗派使用できます。
寸法(男性用・・・9寸5分 女性用・・・8寸5分)で取るので玉数は決まっていません。もともと僧侶用に半繰り念珠(54玉)がありましたが、時代を経るにつれて持ちやすいように変化してきた形になります。
房の形状は紐房、頭房、梵天房などがあります。

振分念珠
日蓮宗・浄土宗以外の宗派を問わず持てる二輪の念珠になります。浄土真宗の正式としても使われることが多いです。理由としては蓮如結びがあまり知られていないなどの理由があります。形は真言宗の正式に房を付けた形になります。

腕輪念珠
両手に道具を持ち数珠が持てないときに腕に輪を小さくした念珠を付けたのが始まりだと言われています。最近ではファッション感覚でされる方が増えています。

  • 数珠オーダーメイド制作
  • 数珠修理
  • 数珠供養
  • 古材で数珠制作
  • 数珠コンシェルジュ常駐
  • 大量購入・業務用大口購入
特定国際種事業者
環境省・経済産業省より象牙の販売の認可を受けております。象牙のことはお任せくださいませ。
営業日カレンダー