トップ > 腕輪(ブレス) > 宗派で選ぶ > 真言宗

Product Image
Product Image Product Image Product Image
沈香は、東南アジアで産出される香木です。温めると香りを出します。

香りが素晴らしいことから、貴族や武士の間でも広く焚かれました。
武士の間では、香木は、権力の象徴ともいわれています。

奈良の正倉院に所蔵されている『蘭奢待(らんじゃたい)』は、
時の権力者たちが競ったように切り取った後が残されています。

現代でも、沈香は、香りが素晴らしいことから、多くの愛用者がいます。
日本では、5世紀には、輸入されていたことがわかっていますが、
近年では、ワシントン条約に記載されている貴重な品となっています。

また腕輪には、紐ではなく、シリコンゴムを使用してありますので、
手の大きな方でも、ストレスなくはめて頂けます。

最近では沈香・伽羅・白檀などの香木の入手が難しく、
沈香の入った線香やお香の値上がりが始まっております。

今後、良質な沈香は入手が難しく、お値段も上がってしまいます。
お早めにお求めいただくことをおすすめしております。

お香屋だからこそできる品質と値段の当店一押し商品です。
限定10品限りのご用意になります。この機会にぜひどうぞ。

限定10品限り!お香屋だからこそできる最高級沈香の腕輪をご用意いたしました。宗派別正式腕輪 真言宗 上沈香みかん玉腕輪 共仕立て

商品番号 6400500000000

販売価格324,000円(税込)

[3,000ポイント進呈 ]

在庫数:6

数量
商品についてのお問い合わせ

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next


・親玉 直径が約0.9cm×約0.7cm(上沈香)
・主玉 直径が約0.5cm×約0.3cm(上沈香)
・天玉 直径が約0.4cm×約0.3cm(上沈香)
・内径 こちらの商品の内径は、約18cmとなっております。